アルコールの飲み過ぎによる胃もたれの解消方法

アルコールを飲んだ際、胃もたれがおこることがあります。胃もたれとは食べたものが胃から十二指腸になかなか排出されず胃の中に停滞すると起こる症状です。アルコール摂取にともなう暴飲暴食で胃に負担がかかり一時的に胃の運動機能が低下したためにおこります。これを解消するには、食べ物を十二指腸に送り出すことが必要ですので、「消化促進剤」を飲むのが一般的です。胃のむかつきと胃もたれが同時にある場合には、消化吸収をサポートする消化酵素や、胃酸を中和する制酸剤がバランスよく入っている「総合胃腸薬」を飲むのがよいです。また食物の摂取によって胃もたれを解消する場合にはリンゴ汁がよいです。りんごには消化を助ける働きがあります。また消化に良く胃粘膜を保護するキャベツと一緒にリンゴをミキサーにかけ、ジュースにして飲むことも有効です。またしじみ汁も良いです。しじみには肝機能をよくする成分や、肝臓の解毒作用を活発にする成分が含まれており、味噌汁にして飲めば、同時に水分もとれてアルコール摂取後の二日酔いによる脱水症状も防ぐことができます。二日酔いで食欲のないときでもジュースや味噌汁ならば比較的摂取しやすいので、おすすめです。

お酒による体調不良についてはお酒による胃のむかつきというサイトで詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

お酒に強くなる方法はあるのか?

お酒が弱い人は、もともとアルコールを分解する酵素が少ないために弱いことがあります。
しかし、ある程度強くする方法もあるのは事実です。
お酒を分解するのは、肝臓です。
ですから、肝臓を強くするのも一つの方法です。
では、どのように強くするのか。
それは、ジョギングなどの有酸素運動をすることです。
これにより、ある程度肝臓を強くすることが可能です。
また、筋トレも効果があります。
筋肉が増えれば、身体がアルコールに対して敵対することができるからです。
身体からのアプローチ以外にお酒に強くなる方法は、身体にアルコールを吸収させ難くする方法です。
お酒を飲む前に、何かを食べることでアルコールの吸収を遅らせたり穏やかにすることができます。
これによって、酔いにくくするわけです。
また、アルコールに強くなる食材で有名なシジミなどがあります。
飲んだ後にシジミ汁を飲むのも効果的なのですが、アルコールを飲むまえにシジミ汁を飲むことでも効果的です。
また、普段から少し晩酌をするという方法もあります。
一週間に3、4日晩酌することで、アルコール代謝が活性化するからです。
しかし、しっかりと休肝日をつくることも重要です。
飲みすぎは逆にお酒に弱くなってしまうからです。

食べ物でアルコールの分解早くする効果があるもの

お酒の肴としておつまみを一緒に食べながら、アルコールの分解早くする食べ物を意識して摂取すれば、二日酔いになるリスクを抑えることが可能ですし、楽しく飲み会を過ごすことができます。
特にたんぱく質は肝臓が仕事をするうえで重要な役割を担っている成分で、おつまみとして出される食べ物を見てもたんぱく質で構成されているものがたくさんあります。
お酒を美味しく飲むための日本人の知恵が詰まっているといっても過言ではないでしょう。
ただアルコールを飲んでいる時には太りそうな肉類をおつまみで食べるのは控えたい人も、中には存在します。
そんな場合にはビタミンB1の摂取で代用できます。こちらの成分も肝臓のアルコール分解を助けてくれますし、肉類が中心のたんぱく質とは違いネギやニラなどに含まれているので、カロリーも抑えられるでしょう。
それ以外にはビタミンCも分解早くする点でポイントが高い成分です。
この成分はイモ類や小松菜、ブロッコリーなどを中心とする食べ物に含まれています。
ビタミンB1が含まれている食べ物は臭いが強い点が難点ですが、ビタミンCであれば臭いを気にする必要もないでしょう。サラダなど女性でも気軽に注文しやすいメニューに多く使われているので、周囲に気づかれずにアルコールの分解対策をしたい女性の助けになる食べ物です。お酒の分解を手助けする効果的な食材としてしじみが有名ですがあさりも二日酔いには効果があるので、しじみが苦手な方はアサリがおすすめです。

アルコールが原因で胸焼けになった時の解消方法

お酒の容器にはアルコール度数が書かれていて、度数が強いほどお酒に含まれているアルコール成分は強く、体内に入ったアルコールのまわりや酔いが早くなります。
体内に入ったアルコールは肝臓で分解されて、尿と一緒に排出されますが分解できない事もあり、次の日まで体内に残る事もあります。
アルコールが長時間体内に残ると、体内にあらゆる症状が出てくる原因になりますが、その症状はいくつもあり以下の通りです。
胸焼けや吐き気や目まいの他に胃痛や頭痛や筋肉痛等がありますが、これらの症状は二日酔いといいます。
二日酔いの解消方法はいくつかあります。
1つ目は水分補給をします。
アルコールを分解する時に肝臓は体内の水分を使いますが、体内の水分が少なくなるとその分、分解するスピードも遅くなるので水分補給が必要です。
水分補給はお茶や水でもよいですが、スポーツドリンクの方が体内に吸収されやすいです。
2つ目はぬるま湯のお湯に浸かるかシャワーを長時間浴びます。
ぬるま湯のお湯に浸かるかシャワーを長時間浴びると汗をかきますが、汗をかくと新陳代謝が促進されて汗と一緒にアルコールが体内から抜けます。
3つ目は柿を食べます。
柿にはカタラーゼという酵素が含まれていて、カタラーゼはアルコールを分解する効果があります。